ICHIDA MORIMASA (Total 134 Patents Found)

(57)【要約】 【課題】 高炉の微粉炭吹き込み操業時に炉芯温度低下 の原因となる炉芯表層部の通気・通液性の悪化を、副原 料を炉頂から装入することによって、根本的に解消する 方法を提供する。 【解決手段】 微粉炭吹き込み操業に...
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for blowing exothermic metallic powder into a shaft furnace type high temperature reaction vessel, such as a blast furnace. SOLUTION: When the exothermic metallic powder is blown, a triple-tube lance is used and the exothermic metallic powder from the inner part of a center tub...
【課題】高炉のシャフト上部における炉壁面がマクロ的な損耗状態の前兆を判断できる高炉シャフト上部の炉壁面状態の評価方法の提供。 【解決手段】高炉シャフト上部の炉壁近傍における炉内装入物の相対降下速度を測定し、該高炉シ...
(57)【要約】 【課題】 本発明は、高炉により生産される銑鉄の品質 ならびに生産量の変動に伴う炉内状況の変化に対しても 安定な融着帯を形成し、円滑な高炉操業を行うための高 炉中心部への装入物装入方法を提供する。 【解決手段】...
PROBLEM TO BE SOLVED: To surely grasp a flow speed distribution of molten iron at the furnace bottom for obtaining the long service life. SOLUTION: In a method for detecting the flow of the molten iron at the furnace bottom in a blast furnace, respective different kinds of tracer materials are charged into plural tuyer...
(57)【要約】 【目的】 本発明は炉芯活性状態の診断方法と炉芯活性 化方法を提供する。 【構成】 高炉の休風時に、羽口から炉芯内に挿入した ランスを用いて炉内に高温の空気または酸素富化空気を 吹込み、吹込みによる前記ランスか...
(57)【要約】 【課題】 本発明は、高炉への微粉炭吹き込み操業時に 高炉レースウェイ内の微粉炭の燃焼焦点を炉中心側へ移 行させ、炉芯の表層温度を高める高炉炉芯の昇熱方法を 提供する。 【解決手段】 高炉羽口からの微粉炭吹き込...
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide the method for formation of a horizontal type terrace which secures the stability of piled shape of charged material near the furnace wall to obtain the stable peripheral gas flow in the circular direction by forming the horizontal terrace state where the charged material layer of coke,...
PURPOSE: To efficiently improve the characteristic of coke in a furnace core part without influencing the reaction in the furnace and thermal conduction at the time of undesirable gas passability and liquid passability in the furnace core part of the blast furnace by changing the coke in the furnace core part using a d...
(57)【要約】 【目的】 高炉炉芯部の冷え込みの解消、通気性、通液 性の改善などの処置を行うに際して重要な情報となる炉 芯部のコークスの更新状況を直接的手段により検知す る。 【構成】 先端が開放された内管と外管とからなる二...
(57)【要約】 【課題】 本発明は、高炉等のシャフト炉型高温反応容 器に含酸素粉体を吹き込むための含酸素粉体吹き込み方 法に関するものである。 【解決手段】 含酸素粉体吹き込みに際して、三重管ラ ンスを用い含酸素粉体を中心管...
PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce the residual iron quantity in a furnace and to shorten the repairing period of a blast furnace by additionally charging filling material from the top part of the furnace after blowing out the blast furnace and sinking coke at the furnace center part into the molten iron with the load of ...
(57)【要約】 【目的】 成型コークスを用いて高炉の安定操業を達成 する方法を提供する。 【構成】 コークスを還元材として高炉に装入する場合 に、コークス炉への装入前に成型せず主として室炉式コ ークス炉により製造される従来型...
(57)【要約】 【目的】 高炉内のコ−クスと鉱石のような移動する粒 子の種類の識別において、高温度や粉塵の影響を受けに くくする。粒子の降下を妨げにくい小型の検出端を用い る。 【構成】 投光用と受光用の光ファイバ対を炉内に...
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide the strengthening method of the optimum center gas flow in a blast furnace, to which the solid charged material of coke, etc., at the furnace core part is activated and the gas ventilation is held to good condition and the furnace condition is kept to stability, in a bell type blast fur...
PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a ferruginous metallurgical coke without damaging the quartzite firebrick of a coke oven by carbonizing a mixture of coal with pellets obtained by mixing sintered ore powder of a specific particle size with powdered coal and granulating and the pellets for carbonization using this sinter...
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide the method for changing a material to be charged into the center part of a blast furnace by which the stable fused zone is formed even in the case of changing the quality of a pig iron produced in the blast furnace and the furnace condition according to the variation of producing quanti...
PURPOSE: To reduce the powder ratio at a furnace core part in a blast furnace to improve the burden permeability by dropping molten iron drips in the specific quantity of carbon unsaturating condition at the furnace core part in the blast furnace accumulating the coke powder and carburizing the molten iron drips at the...
(57)【要約】 【課題】 本発明は、炉底側壁部のレンガ厚みの損耗を 早期かつ精度良く検知し、レンガ厚みの損耗を抑制する 方法を提供する。 【解決手段】 高炉炉底側壁部における炉内から炉外方 向への熱流束を一箇所または複数箇所...
(57)【要約】 【目的】 高炉羽口から炉芯を掘削する搬送性の良い装 置を提供する。 【構成】 羽口から炉芯内に挿入する金棒あるいは金属 パイプ10が取り付け可能な打撃装置と打撃装置を水平 方向に前進・後退させる駆動装置を有し...
PURPOSE: To return back the furnace condition at a furnace core part to a stationary condition at the time of starting up after periodical scheduled-stopping of blasting, when a sign of the abnormality in the furnace core part is detected. CONSTITUTION: At the time of scheduled-stopping of blasting in a blast fu...
(57)【要約】 【目的】 本発明は、予定休風毎に炉芯部状態を測定 し、変調の兆候があれば送風立ち上げ毎に炉芯部を定常 状態に復元する高炉の操業方法を提供する。 【構成】 高炉炉芯部の特性を測定して炉芯部状態を判 定し、炉芯部...
(57)【要約】 【課題】 本発明は、高炉等のシャフト炉型高温反応容 器に微粉炭を多量に吹き込むための微粉炭吹き込み方法 および吹き込みランスに関するものである。 【解決手段】 微粉炭の吹き込みに際して、三重管ラン スを用い微...
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for heating a deadman of a blast furnace in which degradation of the gas and liquid permeability of a surface layer part of the deadman causing the drop of the deadman temperature when blowing powdered coal in the blast furnace, and the consistent blast furnace operation can be...
(57)【要約】 【課題】 本発明は、朝顔部の炉体内壁面プロフィルに 急激な変化を与えず、かつ、炉下部での装入物の降下と ガス流れのスムースな向流現象を可能にする炉下部内壁 面構造を提供する。 【解決手段】 鉄皮で構築された炉...
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a charging method of an iron ore having high blending ratio of pellet into a blast furnace which forms stable fused zone to change of the condition in the furnace accompanied with variation of the quality and the productivity of produced pig iron and is suitable to form the fused zone f...
(57)【要約】 【課題】 本発明は、高炉により生産される銑鉄の品質 ならびに生産量の変動に伴う炉内状況の変化に対しても 安定な融着帯を形成し、円滑な高炉操業を行うための融 着帯形状を形成するのに適した高炉への装入物装入方法 ...
(57)【要約】 【目的】 高炉中心部の還元ガス流量を安定的に確保す ると同時に高炉炉芯部の粉率を低減して炉芯温度低下を 防ぎ、高炉の安定操業をはかる。 【構成】 室炉コークスを還元材として高炉に装入する 際に、それに加えて高...
(57)【要約】 【目的】 高炉操業において、融着帯形状を制御する方 法を提供する。 【構成】 高炉操業において、装入物のストックライン を上昇させて炉口部での炉壁鉛直部分における装入高さ を100mm以上確保し装入物表面の位...
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for suitably controlling the flow of molten iron and slag on the furnace bottom in a blast furnace for restraining the erosion of refractory wall at the surrounding part on the furnace hearth in the blast furnace operation. SOLUTION: In the operation of the bell-less blast furn...
【課題】高炉の微粉炭吹き込み操業時に炉芯表層部の通気・通液性の悪化を適確に把握し、微粉炭吹き込みを中止してオールコークス操業へ移行する。また、オールコークス操業時に高炉羽口からフラックスを高炉内に吹き込むことによ...
PURPOSE: To efficiently improve ventilation of gas and penetration of liquid of the surface layer in a furnace core and to keep the stable operation of a blast furnace by blowing high temp. gas heated by plasma on the surface layer in the furnace core at the temp. drop in the furnace core during operation of the blast ...
PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent change in the coefficient of thermal expansion of a hot blast stove during its operation. SOLUTION: In a method for operating the hot blast stove, the hot blast stove produces hot blast using accumulated heat which is produced by burning a fuel gas and air for supporting combustio...
(57)【要約】 【課題】 高炉炉床部の側壁耐火物の温度分布を正確に 把握することにより、炉床部の特定位置への熱負荷の集 中を回避して、炉床部の耐火物侵食を抑制し、高炉の長 寿命化を達成する。 【解決手段】 高炉1の炉床部の耐...
(57)【要約】 【目的】 本発明は、高炉の炉芯部を直接加熱昇温する ことにより安定操業を達成する高炉操業方法を提供す る。 【構成】 高炉操業の休風時に、側面の長さ方向に亘っ て複数の穴の開いた金属管を羽口から炉内に挿入し、...
(57)【要約】 【課題】 高炉の微粉炭吹き込み操業時に炉芯温度低下 の原因となる炉芯表層部の通気・通液性の悪化を従来の ように燃料比を上げずに安定した高炉操業を長期的に維 持するための高炉炉芯の昇温方法を提供する。 【解決手...
PURPOSE:To provide an inexpensive and speedy measuring method and temp. detection probe for the in-furnace temp. of blast furnace. CONSTITUTION:After the temp. sensing probe, which is provided with a temp. measuring element at the tip having a tip cap thereon, is pushed into blast furnace, the temp detection probe is p...